AIUの海外出張・駐在保険の補償内容

海外出張・駐在保険は、出張や駐在などビジネストリップの方に必要な補償をパッケージした専用プランです。長期滞在型の「駐在員用プラン」には、「出張用プラン」では対象にならない、「住居内の家財や身の回り品(生活用動産)」また「家族の死亡・危篤による一時帰国費用(緊急一時帰国費用)」もカバーします。また賠償責任補償でも、「家主への賠償責任(借用住宅の火災)」や「自動車事故による賠償責任-ただし現地保険超過部分のみ(自動車賠償責任)」にもカバーを広げています。

 クリック・・保険料一覧はこちら

 出張者・駐在者用(共通)

【傷害死亡】
出張・駐在中の事故によるケガが原因で、事故の日からその日を含めて180日以内に亡くなった場合。

【傷害後遺障害】
出張・駐在中の事故によるケガが原因で、事故の日からその日を含めて180日以内に身体に後遺障害が生じた場合。

傷害イメージ

【疾病死亡】
出張・駐在中に病気が原因で亡くなった場合。(旅行行程終了後72時間以内に治療を開始し、旅行行程終了日を含めて30日以内に亡くなった場合を含む。)

救援者費用イメージ

出張者用

  • 【治療・救援費用】

    出張中にケガや病気で治療を受けた場合(旅行行程終了後72時間以内に病気の治療を開始した場合を含む)の治療費のお支払や、3日以上入院または搭乗中の飛行機が遭難し、日本から親族(その代理人を含みます)が現地に行く場合など。

     

  • 【疾病応急治療・救援費用】

    (保険期間31日までのご契約の場合)
    出張出発前の病気で、出張中に応急治療を受けた場合や、3日以上入院し、日本から親族(その代理人を含みます)が現地に行く場合。


  • 【救援者追加費用】

    (治療・救援費用にセットされています)
    出張中に行方不明になったり、誘拐にあった場合に、親族(その代理人を含みます)が現地へ赴く費用、捜索・救助費用(300万円限度)を補償。

  • 【緊急歯科治療費用】

    (保険期間31日までのご契約の場合)
    出張中、急激な歯の痛みや苦痛を一時的に除去・緩和するための応急治療を受けた場合など(10万円限度)。

  • 【個人賠償責任】

    出張中に他人にケガをさせたり、あやまってお店の品物を壊してしまったり、ホテルの部屋を水浸しにして、法律上の損害賠償責任を負った場合など。

  • 【携行品】

    (携行品1つあたり10万円限度)
    (乗車券・航空券などの場合は5万円
    限度)出張中にス-ツケ-ス・カメラ・時計などが盗難にあったり、あやまって落として破損してしまったような場合やパスポートの盗難により再取得する場合など。

  • 【旅行事故緊急費用】

    (保険期間31日までのご契約の場合)

    予期せぬ偶然な事故(※)によって次の費用を負担した場合①交通費②宿泊施設の客室料③食事代④国際電話料等通信費⑤渡航手続費⑥渡航先での各種サービス取消料など⑦身の回り品購入費
    (※)公的機関、宿泊機関、医療機関または旅行会社により事故の発生が証明されるものに限ります。

  • 【航空機寄託手荷物遅延】

    (保険期間32日以上のご契約の場合)
    出張中、搭乗時に航空会社に預けた手荷物が、航空機が目的地に到着して6時間以内に目的地に運搬されなかった場合。

  • 【航空機遅延費用】

    (保険期間32日以上のご契約の場合)
    出張中に悪天候、機体の異常などにより、搭乗予定の航空機が6時間以上遅延したり、欠航、運休になった場合など。

  • 【家族総合賠償責任】

    こちらの補償は駐在員用プランのみです。

  • 【生活用動産(長期用)】

    こちらの補償は駐在員用プランのみです。

  • 【緊急一時帰国費用】

    (オプション)
    保険期間3カ月以上にセットできます。
    出張中に、家族の死亡・危篤などによりにより日本に一時帰国した場合に、往復の交通費、宿泊費などを補償(海外渡航前からすでに入院中であったり、治療を受けている疾病などが原因となるものは対象となりません)


     

駐在者用

  • 【治療・救援費用】

    駐在中にケガや病気で治療を受けた場合(旅行行程終了後72時間以内に病気の治療を開始した場合を含む)の治療費のお支払や、3日以上入院または搭乗中の飛行機が遭難し、日本から親族(その代理人を含みます)が現地に行く場合など。

     

  • 【疾病応急治療・救援費用】

    駐在者用プランに疾病応急治療・救援費用の補償はありません。
    駐在者用プランは31日超からの補償となりますので、こちらの補償は出張者用プランのみとなります。

  • 【救援者追加費用】

    (治療・救援費用にセットされています)
    出張中に行方不明になったり、誘拐にあった場合に、親族(その代理人を含みます)が現地へ赴く費用、捜索・救助費用(300万円限度)を補償。

  • 【緊急歯科治療費用】

    こちらの補償は出張用プランのみです。

  • 【個人賠償責任】

    こちらの補償は出張用プランのみです。

  • 【携行品】

    こちらの補償は出張用プランのみです。

  • 【旅行事故緊急費用】

    こちらの補償は出張用プランのみです。

  • 【航空機寄託手荷物遅延】

    こちらの補償は出張用プランのみです。

  • 【航空機遅延費用】

    こちらの補償は出張用プランのみです。

  • 【家族総合賠償責任】※

    (被害者治療費用)
    (保険期間31日超にセットされています)
      駐在中に、他人にケガをさせたり、あやまってお店の品物を壊してしまったり、ホテルの部屋を水浸しにしてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合など。
    また、失火によるアパートなどへの借用住宅に対する賠償責任、自動車事故による賠償責任(現地の自動車保険で支払い切れない場合など)について補償。また賠償責任の有無に関係なく、住宅内で来客などがケガをした場合に負担した治療費用も補償。

    ※「家族総合賠償」に関して、オンラインプランは別内容となり「自動車賠償責任」は補償されておりません。

  • 【生活用動産(長期用)】

    (家財・身の回り品1個あたり10万円限度)
    (乗車券・航空券などの場合は5万円限度)
    駐在中にス-ツケ-ス・カメラ・時計などが盗難にあったり、落として破損してしまったような場合やパスポートの盗難により再取得する場合など。
    また、アパートなどの宿泊・居住施設内にある自己所有の家財が盗難などの偶然の事故によって損害を受けた場合も補償。

  • 【緊急一時帰国費用】

    (オプション)
    保険期間3カ月以上にセットできます。
    駐在中に、家族の死亡・危篤などによりにより日本に一時帰国した場合に、往復の交通費、宿泊費などを補償(海外渡航前からすでに入院中であったり、治療を受けている疾病などが原因となるものは対象となりません)
    また、「家族緊急一時帰国費用」を追加することによって、帯同される家族の費用も補償。


     

 クリック・・保険料一覧はこちら
※「家族総合賠償」に関して、オンラインプランは別内容となり「自動車賠償責任」は補償されておりませんので、「自動車賠償責任」をご検討の場合は資料請求をしてください。

AIUのオンライン申込(クレジット契約)も留学に必要な外国語加入証明書の発行が可能です。 海外留学保険をじっくり検討したい方は資料請求をお願いします。

オンライン申込

資料請求

ご契約にあたっては、必ず保険会社の該当商品パンフレットおよび「重要事項説明書(契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明)」をご覧ください。また、ご不明な点がございましたら取扱代理店または引受保険会社にお問合せください。当店では、取扱実績が最も多いAIU損害保険株式会社の商品を推奨させていただきます。当店では、取扱実績が最も多いAIU損害保険株式会社の商品を推奨させていただきます。



このページの先頭へ